福岡情景 オヤジの写真日記

福岡から昭和レトロなスナップ写真と自身の経験を元にした撮影テクニックを情報発信します。フレーミングを意識したリアルなレトロなスナップ写真を撮影スポット情報を交えて投稿します。

写真撮影のすすめ 基礎からの構図テクニック 7 番外 コントラスト考

f:id:Rover200:20190526002455j:plain

基礎からの構図テクニック コントラスト考

基礎からの構図テクニック!
構図を意識して少し変えれば、写真は大きく変わる!


写真撮影は一通り出来るが、なかなか初心者の壁を越えれない。
周囲にアドバイスしてくれる人が居ない。
そんな悩みのあなたに送ります

今回は少し構図から離れた話題です。
コントラストについてです。

 

皆さん ハイコントラストな写真好きですよね?

 

では  ハイコントラスト=良い写真  なのでしょうか?

 

そんな単純じゃないですね。

それは被写体や狙うイメージによるのです。

トップの写真は太宰府政庁跡です。令和になって話題になっている場所ですね。

構図もおかしくは無く、礎石が何となくわざとらしい感じもし無くは無いですが、この写真の欠点はコントラストが高過ぎる点です。結果的に、梅の花の雰囲気には少しどぎつ過ぎるのです。
変に元気な印象になります。

 

ベストなのは小雨の日。せめて曇天での撮影が、より雰囲気が出ると思います。

 

草花や樹木は要注意です。
下の写真は、斜めの線が効いていて撮影したのですが、ハイコントラスト 明暗差が大き過ぎるのです。


光が弱いと優しい表現に変わります。その方が、この被写体には良いでしょう。

f:id:Rover200:20190526002500j:plain

 

 

では、どんな被写体が比較的ハイコントラストに向いているかと言うと やはり人工物ですね。

 

下の写真は漁港の東屋。朝の光が明暗差をつけてより印象的になります。この方が立体感が強調出来て良いと思います。

 

f:id:Rover200:20190526002504j:plain

 

 

何度も言いますが、写真に正解は無いので色々と試すべきですね!

 

次回に続きます。
See you!

 
ブログランキング参加しています。

応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ