福岡情景 オヤジの写真日記

福岡から昭和レトロなスナップ写真と自身の経験を元にした撮影テクニックを情報発信します。フレーミングを意識したリアルなレトロなスナップ写真を撮影スポット情報を交えて投稿します。

写真撮影のすすめ 基礎からの構図テクニック 8 明るい場所に人の目はひきつけられる

f:id:Rover200:20190528220453j:plain

基礎からの構図テクニック 明るい場所に人の目は引きつけられる

基礎からの構図テクニック!
構図を意識して少し変えれば、写真は大きく変わる!


写真撮影は一通り出来るが、なかなか初心者の壁を越えれない。周囲にアドバイスしてくれる人が居ない。
そんな悩みのあなたに送ります

 

今回のテーマは、構図視点での明るい部分についてです。

これもクラブに入って初めて気付きました。

人間の眼は自然に明るい部分を探してみつめます。

明るい部分が見せたい場所なら良いのですが、そうでない場合は問題です。

 

メインの被写体と違う場所に関心が向けられるのです。
トップの写真は糸島の山の中。しばらく狭い林道を行った山の中です。対向車が来て脱輪するような辺鄙な場所です。(汗)

 

トップの写真は手前の空の明るさが目に付きます。余計なものです。
本当に見せたいのは池の中の枯れ木なのです。

 

この狙いから行くと、下の写真がずっと良いです。
静けさや怪しさが感じられます。

f:id:Rover200:20190528220457j:plain

 

 

もう一例。

ここは篠栗九大の森。インスタグラムで有名になり、立ち入りに制限が出てしまいました。この場所に近寄れる場所に枝等で小さな障害物があります。立ち入り禁止です。
この木 ラクウショウが独特な雰囲気をかもし出します。

そういう事情もあり、今は行きません。
篠栗九大の森については篠栗町のサイトをどうぞ。

 

www.town.sasaguri.fukuoka.jp

 

下の写真

可笑しくは無いのですが、左下の白が気になります。
そこに目が言ってしまいます。

f:id:Rover200:20190528220505j:plain

 

 

あるべき形は下の写真です。
目障りな白い部分がなくなりスッキリします。
これを実現するのは、時間帯や太陽の向きを考えて撮影に行く必要があります。

f:id:Rover200:20190528220512j:plain

 

今回の例は自然写真でしたが、自然写真に係わらず通用する内容です。
人の心理を気にしましょう。(笑)

次回に続きます。

See you!

 
ブログランキング参加しています。

応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ