福岡情景 オヤジの写真日記

福岡から真に昭和レトロなスナップ写真と撮影テクニックを情報発信します。このブログはリンクフリーです。なお、写真の無断転載はお控え下さい。

被写体の大きさ 写真撮影初心者の為の実践的構図テクニック 2 

f:id:Rover200:20190518134517j:plain

基礎からの構図テクニック 被写体の大きさ

初心者の為の実践的構図講座!
今回はメインの被写体の大きさについてです。

 

トップの写真は、センニチコウの花で寄り添う家族になぞらえて撮影しました。両親と子供ですね。
初心者の頃、福岡市植物園で撮影したものです。

これはこれで良さそうなのですが、一点大切なことが抜けています。
この被写体の大きさです。被写体を大きく全面アップとしています。
果たしてこれが適切なのでしょうか?

 

この被写体の大きさからは、大きく力強い印象を受けてしまいます。

 

大きな被写体:力強い、元気な印象
小さな被写体:弱く、周囲から圧倒されそうな印象

大きさで印象が大きく変わります。


この被写体の場合、本来はが寄り添い健気に生きている。そんなイメージなのではないでしょうか?
そう考えると、こんなに元気に大きくは無く、大きさ控えめにした方が健気さが表現出来ると思います。

 何でも大きく見せることが良い訳では無いのです。

 

 

次の例です。夕暮れの海岸をスローシャッターで撮影した写真です。
この頃は色に頼った撮影をしていたので、あまり良くはありませんね。 

f:id:Rover200:20190518135905j:plain

この場合も、やはり手前の石が大き過ぎるように感じます。

一回り、二回り小さく撮影すべきでした。

 


メインの被写体を大きく撮影することは大切なことなのですが、表現したい内容や全体のバランスを考えて、撮影時に大きさを加減することが大切です。

この写真の場合、そもそも成立っているのか?という問題もありそうです。

オヤジは大きく撮影する傾向がある様です。(笑)

 

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

 

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ