福岡情景 オヤジの写真日記

福岡から真に昭和レトロなスナップ写真と撮影テクニックを情報発信します。このブログはリンクフリーです。なお、写真の無断転載はお控え下さい。

被写体の配置 写真撮影初心者の為の実践的構図テクニック 3 

f:id:Rover200:20190518141533j:plain

基礎からの構図テクニック 被写体の配置

被写体の配置
今回はメインの被写体の配置についてです。

今回の写真を見てどんな印象を持たれるでしょうか?
決してハッピーな印象では無いでしょう。
何となく不安や憂鬱が感じられると思います。
メインの被写体の女性ベンチの左側に居ることが印象を大きく左右させます。


もし、ベンチの真ん中にどっしり座っていたらどうでしょうか?
メインの被写体の配置で大きく印象が変わります。

 

被写体が中央:安定、安心感

被写体が端:不安定、不安感

ずっと端にあると益々不安感が増します。

 

 

それから、今回のテーマとは離れますが、右中央 海の中に小さくブイがあります。
女性とブイの配置がバランスを取り、写真に安定感をもたらします。
正直な所、オヤジはこの当時はそこまで見切れていませんでした。
ブイの配置は偶然の産物です。(笑)

 

もう一つこの写真の印象を大きく左右しているのは、少し陰影のある雲です。青空だとずっと印象が変わります。

複数の要素があって、写真は成立っています。
ちなみにこれもコンデジでの撮影です。
確かに、良い機材は表現の幅を広げてくれますが、無くても何とかなるケースは多いのです。

 

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
 

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ