福岡情景 オヤジの写真日記

福岡から真に昭和レトロなスナップ写真と撮影テクニックを情報発信します。このブログはリンクフリーです。なお、写真の無断転載はお控え下さい。

狭い余白の効果 写真撮影初心者の為の実践的構図テクニック 10 

f:id:Rover200:20190602222830j:plain

基礎からの構図テクニック 狭い余白は緊張感を出す

狭い余白の効果です。余白には意味があります。
狭い余白と広い余白では大きく印象が変わります。


今回は余白のお話です。
写真の端の方の余白の効果です。
狭い余白があると緊張感を生みます。

 

このシリーズの趣旨を書いた投稿を貼っておきますね。 

www.fukuokajokei.com

 

トップの写真に赤っぽいフレームが無かったら撮影しません。(笑)
長方形のフレームがあって始めて成立する構図です。写真が締まります。

しかも、フレームの上下と端の距離が短く、結果として緊張感が生じます。上下の余白がずっと広い場合は印象は大きく変わります。
散漫な印象になります。

 

色々とコツを書いていますが、まだまだ続きます。
オヤジはこれを一つずつ考えながら撮影しているかと言うと、答えは”No”です。

ずっと意識して撮影し来たので、体が自然に反応します。

 

色々なコツがありますが、原則は簡単なのです。

 ・心地良いバランスの写真を撮ることで、見る人の心にすんなり入り込む写真となる。
 ・その写真のバランスを一部壊すことで緊張感を生じる写真となる

こと考えがベースにあると考えます。

撮影した写真を自分で見返して評価して、何が良かったか、何が悪かったか考えることで、スキルアップに繋がります。
「継続は力なり」 どこかの予備校みたいですが、これは重要です。(笑)

 

次回に続きます。
See you!

 
ブログランキング参加しています。

応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ