福岡情景写真

さまよう心を1枚の写真に託す 福岡から情景写真をお届けします

超簡単! 誰でもすぐに出来るスマホ写真のレベルアップ!

f:id:Rover200:20200406191844j:plain

 

せっかく撮るなら綺麗に撮ろう!
誰でも出来る簡単スマホ撮影術!

少し寄り道です。(笑)
近年のスマホのカメラ機能の画質向上は著しいものです。
ップの写真はスマホで撮影したものですが、撮ったままで全く手を加えていません。
十分明るい環境だと普通にカメラとして使用出来ます。

お陰でコンパクトデジカメの市場は大きく縮小し、高倍率や高画質を売り物にする特殊なカメラの市場になりました。
スマホのカメラ機能は、本当にすばらしく向上しており、カメラ任せでも問題ない写真が撮れる様になりました。

 

スマホで撮影された写真を見る機会が多いのですが、正直言って残念な写真が散見されます。
これはスマホの問題と言うよりは撮影者の問題です。
少しだけ意識することで随分と改善が期待されます。

 

今回は、少し意識するだけで劇的に見栄えが良くなる撮影のコツについて説明します。当たり前の内容です。ご存知の方は、どうぞスルーして下さい。(笑)
スマホと書いていますが、どんなカメラでも理屈は同じです。

特に2、4が大切だと思います。意識すれば必ず改善されます。

1.ピントを合わせよう!

見せたい被写体にピントが合ってること。これは基本中の基本です。
自分の見せたいものにピントが合ってない。それではお話になりません。(笑)
今時のカメラアプリは随分賢いのでカメラアプリが自動で判断したり、指でタッチしてフォーカスポイントを指定したりしてオートフォーカスが出来ますが、撮影後、必ずピントを確認しましょう。結構失敗するものです。(笑)

タッチで場所を指定した場合は、自分がメインで見せたい被写体に直接合わせることが出来るので好都合ですね。

 

2.水平を気にしよう!

傾いた写真ってよく見ます。意図して傾けるのは良いのですが、特別に意図せずに傾いた写真をよく見ます。

水平線が傾いた写真見て違和感無いでしょうか?(笑)
なんか変に傾いてると不安定と感じませんか?

撮影する時、ある程度意識してれば、ほぼ水平に撮れると思います。
完璧を求めて完全に水平にするなんて気負わずに、出来る範囲で水平に構えると思えば良いと思います。その方が簡単に出来ます。
考え過ぎるとつまらないし、何も撮れなくなりますよね(笑)

 

3.スマホをしっかり固定して撮影しよう!

手ブレすると何が何か分からなくなります。(笑)ピンボケと似た話です。
カメラ機能に手振れ補正が入っていても、暗い場所はどうしても手振れしてしまいます。体を固定するとブレは大きく緩和されます。
例えば、壁があれば壁に寄りかかる。肘をつけれれば肘をつけるとかやり方で工夫はできるんですよ。これで手振れは大幅に減ります。

 

 

4.見せたい被写体を大きく写そう!

写った範囲が広すぎて、何を写したのか分からない写真よくあります。(笑)
近寄れない場合は、ズーム機能を使用して下さい。
最近のスマホは光学ズームを採用しているので、画質を落とさず撮影できます。ほとんどの場合、大伸ばししないでしょうから、更にデジタルズームも活用して下さい。

 

それから、大切なのは横位置での撮影にこだわる必要はありません
必要であれば縦位置にすれば良いだけです。
被写体を大きく画面に収まる様に撮影すると考えれば良いと思います。

 

綺麗なスマホ写真にするのは、まだ方法ありますが、この4点を意識しただけで、随分綺麗に撮れると思います。 
実践あるのみです!(笑)

 

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ