福岡情景写真

さまよう心を1枚の写真に託す 福岡から情景写真をお届けします

九州レトロ写真 ノスタルジックな万田坑 スナップ写真 その1

f:id:Rover200:20190313220648j:plain

万田抗 正面より

万田坑 ノスタルジックな炭鉱の遺構のスナップ写真
今回から荒尾市の万田抗です。

 

今回からは万田坑です。
福岡市内からはずっと南方。ここは福岡県大牟田市ではなく熊本県荒尾市になります。
だから、題名は九州レトロ写真なんです。(笑)

ここ万田坑は、私のお気に入りの撮影スポットです。
炭鉱跡は何ともノスタルジックなんですよね。
その非日常的な空虚でも何か懐かしい空間が何とも写欲をかきたてます。(笑)

風雨にさらされるので、展示物はどんどん壊れていきます。
今は何とか残っていますが、煉瓦の建物は残るでしょうが、木は朽ちてしまいますね。

 

三池炭鉱がこの付近の炭鉱の名称です。三池炭鉱を代表するのがここ万田坑です。

ここは大きな炭鉱なのですが、実は平成の世まで現役の炭鉱として働いていました。ここで取れる石炭は、質が高く平成の世まで永らえたのですね。ここで取れる石炭は純度が高い為、いわゆるボタ(使用できない石)が少なく、コスパが国内としては良かったのでしょう。

 

万田坑については以下のリンクからどうぞ!

www.miike-coalmines.jp

 

ここは世界文化遺産に登録されています。
その為か周辺はよく整備されていますね。しかし、入場は有料なんですよね。(笑)
私が知る限り、ここ以外に二箇所の三池抗の炭鉱遺跡が公開されています。それらは無料公開です。(いずれも大牟田市)
この遺構をどういう目的で公開するかというスタンスの違いなのでしょうね。。。

中に入ると、ガイドの方が丁寧に説明してくれます。他の二抗も同様ですが。。。

 

屋外だけでなく、屋内の展示もあり、充実した展示内容になっています。基本的にありのままの状態を保存しています。風雨による影響でどんどん破壊され劣化が進んで行きます。
誰も止めることはできません。
栄えたものは、いずれ崩壊していく。それが世の常です。

 

f:id:Rover200:20190313220655j:plain

 

 

f:id:Rover200:20190313220700j:plain

 

 

f:id:Rover200:20190313220749j:plain

 

少しこのシリーズ続けます!

 

時間は前後しますが、三池炭鉱関連のリンクを貼りますね。
ご覧いただければ何よりです。 

www.fukuokajokei.com

  

www.fukuokajokei.com

  

このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを貼っていただいて構いません。また、画像をスマホ/PCの待ち受け画面等のプライベート使用は問題ありません。ご自由に個人使用、シェアいただいて結構です。

なお、画像の他サイト/ブログへの転載、印刷物の作成等の無断の商用利用についてはお控え下さい。
商用利用される場合は、Adobe Stockでの購入を推奨致します。
以下に私の写真のリンクを貼ります。
または、私までご連絡いただければ幸いです。

Adobe Stockの私の写真のリンクです。

stock.adobe.com

 

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます! 
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ