福岡情景 オヤジの写真日記

福岡から真に昭和レトロなスナップ写真と撮影テクニックを情報発信します。このブログはリンクフリーです。なお、写真の無断転載はお控え下さい。

九州風景写真 久住から阿蘇山を望む その1

f:id:Rover200:20191106214118j:plain

九州風景写真
いつもとは趣が異なる久住の穴場のご紹介です!
牧ノ戸峠の展望台です。
登山せずに素晴らしい景色を堪能するのです!(笑)

 
牧ノ戸峠は九州の久住連山のメジャーな登山道入り口です。
標高1,333m 車でアクセス出来る久住の最高地点でもあります。
ここは人気の登山ルートということもあり、初夏のミヤマキリシマと紅葉の季節にはとんでもなく混みます。
トップシーズンのこの日2019年11月2日 朝6時過ぎには駐車場(多分100台以上)はほぼ満車。どうにか駐車できました。(九州ではまだ夜明け前の時間帯です。)


ここは重要地点なのですが、一点注意が必要です。
トイレがカスです。照明無いし凄く汚い。使うべきではありません。
なぜ、こんな状態で放置されているのか全く理解出来ませんが、途中の高速道PA/SAやコンビニで用をすませることを強くお勧めします。
山の方もトイレも悲惨と記憶しています。

 

分かり難いですが、牧ノ戸峠は以下の地図をご参照下さい。
超メジャー観光スポットです。 

 

展望台の位置を探しましたが、地図情報が見つかりません。
Google mapには別の展望台の記載がありますが、今回ご紹介するのは全く別の場所です。

牧ノ戸峠ゲストハウスの裏手の登山道を上ります。久住山他への通常の登山ルートです。
約15分で第一展望台、その後5分で第二展望台です。
第二展望台以降は通常の登山道です。
ここまで一本道なので迷うことはありません。
しかし、ちゃんと足元固めて登ってください。第二展望台までは、スニーカー、ジーンズで行けます。
ただし、単調な少し登りの舗装道、階段がずっと続きます。心して登ってください。私は運動不足、睡眠不足もあり、息切れして数回休息しました。(汗)

 

途中の第一展望台からは、由布岳の景色が見れます。
第二展望台からは阿蘇山の広大な風景を見ることが出来ます。
この季節は雲海の季節です。晴れの朝であれば、かなり高い確率で雲海を見れます。
気軽に雲海を楽しめる場所なのです!
天候次第ですので、幸運を祈ります!

 

同じ場所の二年前の投稿を貼りますね。
よろしくお願いします。

www.fukuokajokei.com

 

 

第一展望台付近です。
この山は由布岳。左奥に雲海が見えます。
穏かな夜明けでした。

f:id:Rover200:20191106214114j:plain

 

 

その後、第二展望台に移動。
夜明け前の谷はこんな感じです。紅葉的には少し遅いですね。。。

f:id:Rover200:20191106214146j:plain

 

 

 ようやく夜明けです。

f:id:Rover200:20191106214130j:plain

 

 

奥に阿蘇の涅槃像がどうにか見えます。

f:id:Rover200:20191106214136j:plain

 

 

 

f:id:Rover200:20191106214138j:plain

 

次回に続きます!

 

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ